プロファイル研削

プロファイル研削は投影研削、成形研削とも言われます。あらかじめ描かれた製品形状の投影図に、実際の部品を光学式に投影し映し出し、砥石はNC制御または手動式にて動かし、投影図と製品を重ね合わせて倣い研削する加工です。

砥石の先端形状が小さいものを所持し、微細かつ不規則な直線・曲線が組み合わさった複雑な形状を高精度に研削仕上げすることが可能です。

プロファイル研削盤
プロファイル研削盤
  • 小物の複雑形状の加工が可能となり、コーナー部最小R0.07まで可能です。
  • 寸法的にはミクロン単位の精度品の加工面をしています。
  • 面粗度も0.8Sの加工ができます。
  • 外径Φ90ミリ×厚みt5ミリ、中央にΦ7の軸付きの形状品の場合、外径部の真円度・円筒度・同軸度が0.005以内、厚み部の直角度・平面度・平行度が0.005以内という高精度品の加工が可能です。