サブミクロン精度

最先端の技術開発と創造性豊かな知識、卓越した技術。そして伝え深められてきた経験。私たちは「ヤスキハガネ」にこだわった「ものづくり」に企業力を集中し、その技をこつこつと磨いてきました。度重なる試作、試験、研究。次々と現れる課題や目標への取り組み。その挑戦は、まだまだ終わることはありません。

今、私たちの工場では、厚み10,000分の1ミリ公差というサブミクロンの加工を、またそれに準ずる精度の平面度、直角度といった幾何公差を1,000万個を超える製品に行っています。これは私たちのひとつの到達点ですが、これからも時代のニーズにいちはやく応えるため、より高い精密さと、より高き信頼性を求め、「ものづくり」の新しい次元へ向かっていきます。

パワーステアリング用ベーンについて


自動車にはハンドルを軽く操作するためにパワーステアリングシステムが搭載されていますが、これはエンジンの回転パワーをパワーステアリング・ポンプに伝達し、発生した油圧を利用してハンドルを楽に回せるようにする仕組みで、そのポンプの羽の部分をベーン(Vane)といいます。

普通乗用車には、10×8×1.5ミリ程度のサイズのベーンが10枚使用されます。ただし、このベーンは固定されているのではなくて、溝から出たり入ったりします。従って丈夫な材質(特殊鋼)である必要があります。

1分間に3000回転以上で回るポンプなので、ベーンは出たり入ったりの繰り返しです。特に「耐久性」「耐摩耗性」が要求されます。表面もツルツルに磨いて偏摩耗や破壊を防ぎます。

主なるパワステベーンの寸法及び形状
(1)鋼種:高速度工具鋼ほか
(2)硬さ:HRC60前後
(3)精度
  • 真直度:3μm以内
  • 平行度:4μm以内
  • 直角度:5μm以内
  • 面粗さ:Ra0.2以内