TAKAFUMI OKAMOTO

岡本 貴文

つくる準備をする人

2017年入社
島根大学 理工学部出身
ベーン事業部 統括課

思い描いたとおりの製品が完成したときの喜びはひとしおです。

岡本さん
INTERVIEW.002
QUES
TION.
001

入社のきっかけは

就活の際、合同企業説明会などに参加していくつかの企業を見て回ったのですが、どの企業もあまり自分が働くイメージが湧かなくて。
そんなとき守谷刃物研究所の存在を知って、たまたま幼馴染が働いている会社でもあったので、会社の社風とか仕事内容とか詳しい話を聞く機会があったんです。
話を聞いているうちに、自分もここで働きたいという気持ちが強くなり、入社を決めました。

岡本さん
QUES
TION.
002

入社前と入社後でイメージは変わりましたか?

いえ、実際入社したらその幼馴染以外にも知人や知人の家族がたくさん働いていることを知って、想像以上にアットホームな雰囲気でとても働きやすいです。
私はもともと安来市出身なので、地元企業で働けることも嬉しく思っています。

QUES
TION.
003

現在どのような仕事をしていますか?

自動車部品であるベーン製造の技術担当者として働いています。比較的小さな製品ですし、一見単純な直方体のように見えますけど、実際は面によってごくわずかに曲面に加工する必要があったり、かなり高い精度での加工が必要とされます。

私の仕事は、お客様からのご依頼に基づいて、製造工程を設計することです。お客様のご要望通りの製品を仕上げるためには、どのような順序で、どの機械を使って、どんな加工をする必要があるのか、を考えながら設計します。

私の場合、新卒で入社したあとの3ヶ月の新人研修を終えたあとすぐに今の部署に配属されたのですが、最初は分からないことだらけで。分からないところは製造の現場の方に確認しながら設計を進めるのですが、新人のころはよくダメ出しされましたね。先輩にもかなり助けてもらいました。それから少しずつ経験を積んで、現在4年目ですが、自分が設計したとおりに現場が動いた結果、思い描いたとおりの製品が完成したときの喜びはひとしおです。

岡本さん
QUES
TION.
004

会社の好きなところを教えてください。

若手とかベテランとか関係なく、業務改善のための提案をしたら受け入れてもらいやすいところですかね。私は製造現場を経験せずにいきなり設計部門に配属されたのですが、やはり製造現場をある程度分かってからの方が良い仕事ができると思い、自ら製造研修を志願しました。その申し出を受け入れてくださり、半年ほど製造の経験を積ませてもらったことが今の仕事に活かされていると感じます。

個人の意思を尊重してもらえる、風通しのよい職場環境であることが、当社の魅力のひとつだと思います。

会社説明会参加申込
募集要項