TOMOMI MIWA

三輪 智美

三輪 智美

2017年入社
島根大学 法文学部出身
品質保証部

学ぶべきことを知識や経験として積み重ねていく努力は欠かせません。

安部さん
INTERVIEW.004
QUES
TION.
001

現在どのような仕事をしていますか?

品質保証という仕事をしています。ものづくりをする企業の中では欠かせない部門で、造られた製品がきちんと造られているか、をジャッジする部門になります。経験値がものを言う仕事なので、私は現在品質保証部に配属されて5年目になりますが、まだまだ経験が足りないと感じますね。

最初から品質保証部に配属されたわけではなく、入社後2年間は製造を経験し、その後は間接部門に配属されました。間接部門では、主に不良削減を担当する部署にいたので、不良発生の割合をいかに減らすか、というテーマに沿って仕事をしていました。その時の経験は、今の仕事にとても活かされていると感じます。

安部さん
QUES
TION.
002

仕事で壁にぶつかったことはありますか?

何度もあります。私はもともと文系出身で、図面を読むことも、機械を使って加工することも、とにかくすべてが初めての経験でした。設備を壊してしまったり、間違ったプログラムで製品を作ってしまったり、失敗もたくさんしました。

でもそうやって製造の現場の大変さを知っているからこそ、今のような間接部門の担当になっても製造の方と対等に話ができますし、今思えば大切な経験であったと思います。

うまくいかずに苦しかったとき、他部署の先輩が落ち込む私に声をかけてくれて、食事に誘ってくださったりして、そこで私の悩みを聞いてもらっていました。部署も違うし、年齢もかなり上の先輩でしたが、未熟な私を「頑張れ!」と励ましてくれたことで、すごく救われたことを覚えています。その先輩方のおかげで今の私があると思っています。

QUES
TION.
003

仕事で常に心掛けていることはありますか?

品質保証部は社内・社外の方とのコミュニケーションがとても大切な部署になりますので、常に密なコミュニケーションを図ることを心掛けています。私はもともと性格的におしゃべりが得意なタイプではないので、まずは相手の意見をしっかり聞くようにしています。

立場上、時には言いにくいことも言わなくてはならない場面もあります。そんな時、こちらの知識が不十分だと思われると話を聞いてもらえないので、ひとつひとつの事例から学ぶべきことを自分の知識や経験として着実に積み重ねていく努力は欠かせません。

安部さん
QUES
TION.
004

現在子育て中とのことですが、仕事との両立はいかがですか?

現在は時短勤務なので、フルタイムよりも1.5時間早く退勤させてもらっています。子どもの病気などでどうしても仕事を休まなければならない時も、周囲の方々が快く休ませてくださることがとても有難いです。

最近は男性社員にも育休取得が推奨されていますし、福利厚生がしっかりしている会社だと思います。

会社説明会参加申込
募集要項