PRECISION MACHINING 精密機械加工

薄板研磨技術

SHEET POLISHING
TECHNOLOGY
薄板研磨技術

薄板研磨技術

近年、自動車、航空機、半導体などの幅広い分野で高精度な薄板の需要が高まっています。
当社では、60年以上にわたって蓄積してきた研磨技術を活かし、着磁可能な材料はもちろんのこと、インコネルやチタンといった非磁性材においても薄板に関するニーズにお応えし、仕上がり寸法0.5mm以下の薄板研磨にも対応しております。

薄板研磨のニーズ

薄板研磨加工の製品
1枚からの調達が可能
特殊金属の薄板を必要とされる場合、圧延加工によりご希望の厚さに仕上げることが一般的です。
その際、開発・試作用途などにおいては需要は少量だとしても、素材の製造ロットの制約から必要以上の重量・費用を要する場合があります。
それに対して、当社では研磨または研削によって仕上げるため、必要とされる最低数量での調達が可能となります。
非磁性材にも対応可能
超耐熱鋼やチタン等のような着磁しない材料についても、加工方案の工夫により薄板加工を可能としております。
加工硬化を起こしやすいTi-6Al-4Vのような材料を圧延加工する際は、厚みが薄くなるほど加工に必要な加圧力が増大するため、材料を柔らかくする目的で複数回の焼鈍が必要となり、コストが嵩む要因となります。
このような材料でも研削加工であれば追加コストの発生を抑えることが出来ます。

薄板研磨の加工ノウハウ

薄板研磨加工後曲がりを観察

薄板を研削する上で、製品の変形を抑える為には必要以上の加工応力(研削抵抗)を掛けずに削ることが重要です。
その工夫として、砥石の回転数や切り込み量の調整、テーブルスピードなどを材質や製品仕様に合わせて調整しています。
特に非磁性材の研削では、材質や形状・品質条件により、その製品にあった研削方法(砥石選定やチャッキング方法)で加工しなければなりません。

また研削砥石は、砥石メーカーと被削材や加工条件に合わせた砥石開発から進めており、加工及び品質に最適な条件を追及しています。

薄板研磨の精度

薄板研磨の測定

t0.65×100×500mmの薄板において公差レンジ0.06mmの厚み精度加工の実績がございます。
研削によるスクラッチをなくすため、ラッピングでの仕上げ加工にも対応いたします。

薄板加工寸法実績
研削・・・t0.25mm
ラッピング・・・t0.5mm(さらに薄いものにもチャレンジいたします)

資料ダウンロード

株式会社守谷刃物研究所

【本社】
〒692-0057 
島根県安来市恵乃島町113-1 
FAX:0854-23-1403

【東京営業所】
〒105-0014 
東京都港区芝二丁目3番3号芝二丁目大門ビルディング3階 
FAX:03-5765-7507

試作のご用命・
お問い合わせはこちら
資料ダウンロードはこちら